引越しの後はダンボール回収を無料で依頼

ダンボールは、引越しの際など荷物を運ぶには欠かせないものです。耐久性に優れているので、重い本をぎっしり詰めても破れることはありませんし、食器や衣類、雑貨などを運ぶ際にも便利に使われています。箱の大きさが揃っていると荷物をトラックにも積みやすいですし、途中で荷物が崩れてしまうこともありません。このように優秀な梱包資材ではありますが、梱包としての役目が終わった後は処分する必要があるため、大量であればある程困ってしまうかもしれません。そういった時には、ダンボール回収を無料で行ってくれる業者に依頼するのがおすすめです。

古紙のリサイクルを行っている業者などが、ダンボール回収を無料でしてくれます。連絡をすればすぐに日程調整をしてくれるため、地域の資源ごみ回収日などを待たずともまとめて処分してもらえて便利です。回収後は、工場で分別の作業が行われます。ビニールひもなどで縛ってある場合には、ビニールひもだけを取り除きます。不純物を取り除くには機械を使うほかに、目視によるチェックや、手作業による分別などが必要になる場合もあります。作業をスムーズに行うためにも、回収してもらう前に分別しておくことは重要です。

世界中でエコの意識が高まる中、もちろん日本も例外ではありません。限りある資源を有効活用する循環型社会の推進が求められています。日本でダンボールのリサイクルは高い水準で行われており、リサイクルの優等生とされています。その回収率は95%以上にも上り、リサイクル率も90%以上となっています。ダンボールを製造するのに使われる原材料は、90%以上が使用されたダンボールです。つまり、ダンボールのほとんどが新しいダンボールとして生まれ変わっているのです。ダンボール回収を無料で行うことは、循環型社会を支える1つの要因となっています。

ダンボールは個人宅の引越しだけではなく、様々な場所で使用されています。例えば、スーパーマーケットなどで仕入れる生鮮食品や、加工食品などの配送にも使用されています。また、テレビやパソコンなどの家電製品を衝撃から守る包装としても利用されています。積み重ねられるので荷物を置いておくスペースも省くことができるなど何かとメリットが多いダンボールは、これからも需要は高まるばかりでしょう。ダンボール回収を無料で行う業者を大いに活用することは環境保護に繋がっているという意識をひとりひとりが持つことが重要です。

新着情報

2021年02月26日
ホームページを更新しました。